Home

英国国立オープン・ユニバーシティ MBA 日本事務局スタッフブログ

国際認証 PART III

  • Posted by: OU MBA事務局
  • 2016-07-21 Thu 16:42:58
  • 未分類
朝日新聞を購読されている方、先日4月19日の朝刊7面 【波聞風問】 を読んでいらしたでしょうか?

著作権があるのでイメージのみお見せしますが、編集委員の堀篭俊材さんがMBAについて書いていらっしゃいます。
記事によると、早大の教授が「ビジネススクールは国際競争に突入した」と語っており、当初の米欧だけでなくアジアの大学も台頭が著しく、その中に日本の大学院も含まれているというのです。夜間に講義に通う会社員は「留学も考えたが、働きながら学ぶには国内の大学院がいい」と言い、大学を出て有名な企業に就職しても一生安泰ではなくなった現在、転職することで成長を遂げるためにMBAを目指す若者が増えているという見方もあります。そのような状況下、日本のビジネススクールも世界のスクールを評価する国際認証の取得を目指しているそうです。卒業して社会に出た際に、保持するMBAが世界に認められるには世界標準のお墨付きが必要だからです。


IMG_1152 (1)

Part II で書きましたが、国際認証を取得しているのは日本国内で2校だけ。そのうちの1校、名古屋商科大学の理事長は、多くの経営大学院は世界から遅れ、ガラパゴス化していると述べています。これからMBAを目指す方はそれぞれに目的をお持ちだと思います。もしその目的が、世界を舞台に活躍する仕事である場合、どんなMBAが評価されるのでしょうか?

国際認証 PartII でご紹介した認証機関のサイトで、試しに誰もが知っている大学の名前を入れて検索してみてください。おそらくすべてが国際認証を受けています。それだけ教育の質を大切にしているということなのかもしれません。

何を学ぶか、どこで学ぶか。多方面から考えてみませんか?

OUMBA 日本事務局




LIVE! 説明会 キタ━(゚∀゚)━!

  • Posted by: OU MBA事務局
  • 2016-07-20 Wed 15:11:56
  • 未分類
暑い日が続いています  みなさまいかがお過ごしでしょうか?

Open Universityでは、入学して1年目に履修する "Management: perspectives and practice" のResidential Schoolが行われている最中です。 場所は、ベルギー1か所、イギリス2か所の合計3か所。日本からも参加されている方がいらっしゃいます。初めて会う同級生と肩を並べて発表資料を作成したり意見を求められたり。。。イギリス会場は場所柄イギリス人が多く、ネイティブスピーカーの上にいろいろな人から意見を聞いて回るので、オチオチしていられません。多くの日本人の学生さんはショック。。。を受けて帰国されます。゚(゚´Д`゚)゚。

その "ショック" がいいのです!

あ~あの時、ああ言えばよかったな
こう聞かれたとき、なぜちゃんと答えられなかったのだろう
などなど。。。
今後の学習のモチベーションになるショックなのです。

でも...昼間の議論が終われば楽しく

dinner_20160720145638db2.jpg

普段はONLINEでつながっていた仲間も、顔を合わせればもっと仲良くなれるはず。
人生の1ページとなる貴重な体験になるのです。

そんな体験を、在校生からLIVEで聞きませんか

日時 : 7月23日(土曜日)10:30~12:00 
場所 : 株式会社ネットラーニング 第三会議室 (申込み多数につき場所変更)
     セミナー会場 詳細

お申込みはこちらへ   説明会申込みページ

たくさんの方々のご参加をお待ちしております!

OUMBA日本事務局


なぜMBA?

なぜMBAをとるのか。

さまざまな理由やきっかけを模索しつつ、多くの方々から話をうかがっております。

今の職場環境を変えたい
外資系でこれ以上のポジションを望むならMBAは必須
会社が外資系会社と統合してしまい、グローバル思考が必要になった
名刺にMBAと書きたい
周りはみんな大学院卒。。。

など。
先日、大学研究室にいた頃の元学生で、今は某大学院(日本)の准教授をしている方と情報交換しましたが、
彼の所属する大学院に来る学生のきっかけは立地、紹介、知名度だそうです。

立地 : 会社帰りに通える距離か
紹介 : 上司・同僚から薦められた
知名度: 有名な大学?

どれも大切な要素だとは思います。でも内容にこだわらなくてもいいのでしょうか?

欧米ではお金でMBAが買える大学もあるそうです。
であれば、持っていることより、持っている内容を求められる局面はないのでしょうか?
就職して、もしくは上司が欧米人になって、試される能力や思考回路があると思います。

オープン・ユニバーシティのMBAコースでは、一年目に様々なフレームワーク、理論、ツールを駆使して、学習者が自身の経営現場に確実に変革を行う能力を養成します。
マネジメントのコアな機能と規律を学び、相互を結びつけることで、マネジメントおよびリーダーシップにおける理論と実践について確固とした基礎知識を修得します。
職場での実践プロジェクトを行いながら、1年かけて、自分自身の組織の状況やマネジメントに最適なテクニックやアプローチを探求、構築します。

これらを身に付けた人材は、どんな環境に配属されても、またどんな状況に直面しても、問題を分析し、効率的に解決へ導く能力を持っています。その能力は、MBAという学士を表す賞状や、名刺に書かれたMBAの文字には現れない、現場での采配で知られる学習の成果なのです。

オープン・ユニバーシティで学び始めて変わったこと、良かったこと、大変だったこと等、実際に授業を受けている在校生にうかがってみたいものです。なぜ、そうまでしてMBAなのか?

ということで、7月の説明会には在校生に来ていただき、数々の質問に答えていただくことにしました

詳細はこちら

7月無料説明会

たくさんの方のご参加をお待ちしております

OUMBA日本事務局

成績発表!

猛暑があり、また梅雨にもどり。。。
体調をくずされている方々はいらっしゃいませんか?

オフィスでも夏風邪?が流行してしまい、お休みが多発しております

そんな中、またもや良いニュースが

下の画像をご覧ください。
これはOpen Universityに入学した最初の学生が履修する"Management : perspective and practice" 授業のページですが、学生ごとに学習計画ページが作られています。
今日は7月6日ですので、5月9日から始まった春学期の9週目。Unit 2の勉強を続けていないといけない局面です。
計画通りに進め終わると、右下のボックスへチェックする、という仕組みになっています。 (ご覧の画面はスタッフ用ですので、チェックはありません
Study Planner
さて、なにが「良いニュース」だったかというと。。。Week7に"TMA1" という表示があるのですが、これは最初のレポート提出です。
6月22日が提出期限だったのですが、その返却が昨日あったそうです。

なんとすごく良い成績

初めての科目で最初のレポート提出。不安はたくさんあったかと思います。
正直、TMA1は、合格点の40点を取るのがやっとなのです。しかし!この学生さんはそれを大幅に越え、みごとな成績を収められました。

提出前には他の先輩方に質問したり、助言をうけたり。 またTutor (家庭教師のような役割で、個別にアサインされます) に何度もレビューをお願いしたり。こつこつと努力された成果ですね。

こんなご報告をいただくのが、事務局にとって大変励みになるのです。勉強会を開いてよかった

次回も「良いお知らせ」をご紹介していきたいと思います。

OUMBA日本事務局 

勉強会 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

中間勉強会を行いました

昨年11月より学習を開始した秋学期生。 10月の最終試験の案内がとどきました。
普段は本に向かって、パソコンに向かって、もくもくと勉強するOU学生ですが、時に「これでいいの?」「どういう意味」と不安になるものです。

そこでその「不安」を共有していただこうと勉強会を開きました v(o゚∀゚o)v

初年度はManagement:perspectives and practice という授業を受けるのですが、マネジメントに関わるあらゆる分野から広く学ぶ授業なので、レポート提出となると引用すべき事柄も多く大変です。

Management:perspectives and practice

そして1年間の間に6回も提出があり、それぞれに点数もつけられて返却されます それらの点数は年間の評価に加点されるので気を抜けません。何度も書き直したり、同じグループの同級生(日本人ではありません)に意見をもらったり。皆さん意識していませんが、これらすべてを英語で行うため、英語力は飛躍的に向上しています。どのように書けば理解してもらえるのかを考えたり、わからない、というコメントに返事をしているうちに自分の意見が固まったり。その過程は大変ですが、終了後の達成感はなんとも言えないものです(。。。と聞いております)

英語の表現でわからないことも多々あります。
単語の意味はわかっても、文脈とつながらない。。。こんな時は日本人同士で聞き合って明確にするのが良い方法です。それでも???の時は...尊敬すべき先輩方が親切に教えてくださります。日本人学生のみのグループForumがありますが、こちらで質問するとすぐに答えてくださる先輩がたくさんいらっしゃるのです。心強いですね。

今回は写真をきっちり撮りましたよ。遠方在住のため、Skypeで参加された学生さんもいらっしゃいました。
次回は試験の課題がそろったところで、先輩のご指導をうけつつ勉強する予定です。

OUMBA日本事務局

B716 study

Index of all entries

Home

働きながら学ぶ、世界トップクラスの国際MBA
About

プロフィール画像

Author: OU MBA事務局

英国国立オープン・ユニバーシティ日本事務局

オープン・ユニバーシティのMBAは、3つの国際認定を持ち、学びながら組織・業務を変革する最高品質で、実践的なプログラム(遠隔制)。
本プログラムの最新情報やセミナーレポートをお届けします。最新情報やセミナーレポートをお届けします。

Links
Feeds

Return to page top