Home

英国国立オープン・ユニバーシティ MBA 日本事務局スタッフブログ

2017年春学期生 募集を開始しました(^∇^)ノ

みなさま、新年あけましておめでとうございます!!!
(もう松はあけておりますが。。。
今年も有益で楽しい情報をこちらへUPしていきたいと思います。

さて、いよいよ2017年春学期の募集を開始しました 
引き続き、英£は味方ですし、この機会に学習を始めてみませんか?

3月末の締切に向けて、いろいろなイベントをご用意しています。

まずは今週末の第一弾

★Stanford University MBA保持者による講演 【英語/通訳無し】
       (終了後に個別相談会あり)

=テーマ=
MBAで学ぶこと
なぜMBA取得が必要か
MBA Folderが期待されること
どのMBAでも良いのか

●日程:2016年1月14日(土)15:00-17:00 
●場所:(新宿西口)オープンユニバーシティ日本事務局 
      【株式会社ネットラーニング 本社 第二会議室】
     住所:東京都新宿区西新宿7丁目2番4号 新宿喜楓ビル3階  
      TEL:0120-91-6532/03-5962-3501



また、来週の説明会には「在校生」が参加します

なぜ英国大学院を選んだの?
オンラインMBAの特徴は?
テストやレポートの採点は厳しい?

などなど、在校生からしか得られない貴重な情報をGETできます。
 
===================================================
「英国国立オープン・ユニバーシティMBAプログラム説明会」
   http://www.openuniversity.jp/mba_feature/index.html
===================================================

●日程:2016年1月18日(水)19:00-20:30  *在校生参加!
●場所:(新宿西口)オープンユニバーシティ日本事務局 
     【株式会社ネットラーニング 本社 第二会議室】

詳しくはこちら

みなさまのご参加をお待ちしております。

OUMBA日本事務局

今年もお世話になりました (^-^)/

本日は12月28日。出社最終日という方も多いと思います。

OUMBA日本事務局も本日が年末最終日。年始は1月4日に開校いたします。
この間は、お問い合わせやご質問などありましたら、ホームページの「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

本年も大変お世話になりました!

学生の皆さまに支えられ、無事に2016年を終えることができました。
年明け早々には勉強会も予定されておりますので、またその際のご報告などしたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします

OUMBA日本事務局

12月の説明会♪

みなさま

ばたばたとあわただしくしているうちに、あっという間の「師走」です この間、新しい教科の勉強会や定期試験結果の発表など、めまぐるしく過ぎてまいりました。

そして明日は定例の説明会があります。

=================================================================
 「英国国立オープン・ユニバーシティMBAプログラム無料説明会」
   http://www.openuniversity.jp/mba_feature/index.html
=================================================================

 ●日程:2016年12月21日(水)19:00-20:30 
 
  備考: 筆記用具のご用意を!

●場所:(新宿西口)オープンユニバーシティ日本事務局 

     【株式会社ネットラーニング 本社 第二会議室】
     http://www.netlearning.co.jp/company/index.html

  住所:東京都新宿区西新宿7丁目2番4号 新宿喜楓ビル3階  
      TEL:0120-91-6532/03-5962-3501

いよいよ、2017年春学期入学(5月開講)募集が始まりますので、是非今の期間に準備をお願いします。

お申込みはコチラ
説明会のお申込み

皆さまにお会いできることを楽しみにしております

OUMBA日本事務局

為替変動 w(゚o゚)w

今日は冷たい雨がしとしと降っている、さむーい日です

一昨日前の米国大統領選挙には、世界中の人の関心が集まっていました。
そんな世の中の動きを見る方法の一つとして、為替相場があります。これはOpen Universityで学ぶ日本の学生たちには大変重要な情報なのです。

なぜか?
Open Universityの学費は英国ポンドにて納めていただくからなのです。

例えば、11月の以下の為替レート をご覧ください
11月8日  133.58円
11月9日  130.51円 ←米国大統領選挙
11月10日   135.40円
                     *GBP TTS/三菱UFJリサーチ&コンサルティング サイトより

ご覧のように9日と10日では5円近くも差があります。この5円はどの位の差があるでしょうか?

Open University MBAプログラムで最初に履修するManagement Perspective and Practiceの授業料は£6204 (2016年春学期)です。この金額に5円を掛けると、約3万円になります。そうです。 支払い時期によって3万円も違いが出るのです。

言い換えれば、為替レートが有利な時に英国ポンドを購入しておくと、学費が安くなる可能性があるということなのです

事実、在学生の方々は日夜為替相場を睨み、少しづつポンドを買い集めているそうです。
特に英国がEUからの離脱を表明してから、為替は日本人にとって有利に変動しています。これによって、MBA取得までの学費を大幅に削減できるということなのです。

日本にいながらMBAプログラムを受講し、MBAを取得できる大学の中で、現地通貨で学費を支払える学校は多くありません。
また、Open University MBAプログラムは、学期毎に受講する授業の分のみ学費をお支払いいただくので、 に優しく無理がありません。

為替が応援してくれる今、念願のMBAプログラムをスタートしてみませんか?
いまでしょ

OUMBA日本事務局



MBAとEMBA (。>ω<。)ノ

超多忙な10月が終わろうとしています。
申し込み締切から在校生の期末試験、新入生の入学式準備にお疲れさま懇親会。。。と瞬く間に過ぎていきました。

そんな中、MBAプログラム志願者には重要なイベントもいくつか行われていました。
その一つをこちらでご紹介しようと思います。

まずこのRankingを見てください。QS.jpg
2016年版なのですが、なんとOpen Universityは「6位」につけています。
このRanking Agentがツアーを行い来日したので参加しました

そこで話題になったのが「MBA」と「EMBA]です。

EMBAってご存知でしょうか?
"Executive Master of Business Administration"です。 度々"a superior form of MBA study" と受け取られるようですが、実際にはMBAと変わらないと説明があります。
"The two are pretty much equal in terms of cachet and value on graduation"
但し、長くビジネスの経験がある年長者には、今さらGMATやGREといった資格試験を必須としない形で入学を許可するケースが多く、名実共に「Executive」にはEMBAが人気だそうです。

なぜか

それはGMAT・GREで点数を取るのは大変だからです
MBA取得を考えていらっしゃる方々は無論ご存知ですが、これらの試験は外国人だけでなく母国の方々も入学審査に必要です。
分析能力や数学など多岐にわたって能力を計られます。英語が母国語の方でも苦戦する試験に、外国人はどう対応するのでしょうか?もちろん、MBAの授業についていくためにはその程度の能力は必要です。でも、まずそれらの試験である一定の結果を出し、それから入学審査、そして入学。。。なんだか学習を始めるまでずいぶん時間がかかりそうですね

Open Universityはそのような入学基準は設けていません。
~誰にでもOpenな学び~をモットーに広く門戸を開いてます。挑戦する気持ちを大切に、思いったったときにすぐ実行に移せるよう学ぶ機会を用意しております。今年こそ、今度こそ夢に向かって行動してみませんか?

それぞれの状況にあった学習計画、MBA取得計画を、オープンユニバーシティはご一緒に設計していけるよう考えております。

OUMBA日本事務局 


Index of all entries

Home

働きながら学ぶ、世界トップクラスの国際MBA
About

プロフィール画像

Author: OU MBA事務局

英国国立オープン・ユニバーシティ日本事務局

オープン・ユニバーシティのMBAは、3つの国際認定を持ち、学びながら組織・業務を変革する最高品質で、実践的なプログラム(遠隔制)。
本プログラムの最新情報やセミナーレポートをお届けします。最新情報やセミナーレポートをお届けします。

Links
Feeds

Return to page top