Home > 2010年08月

2010年08月 Archive

価格が決定しました!

多くのみなさまから質問いただいていた価格について
決定しましたのでご報告します!

学費は英国ポンドで、入学金およびサポート費は日本円でお支払いいただきます。
2010年8月6日現在、MBA取得までの総費用合計は約300万になります。
為替の影響を受けるため、約という表記になり、年度毎のOpen Universityの価格見直しにより
今後価格上昇が見込まれます。

初年度、入学時に必要な必要は約809,987円(2010年8月6日現在)となります。
コース毎にお支払いいただき受講していただくため、
みなさんのそのときどきの家計の状況を見合わせながら受講を進めていただくことができます。

詳しくは、ホームページの募集要項にて明日発表されますので、
ご確認ください。

http://www.openuniversity.jp/mba_program/admission/

ワークショップの内容

先日、イギリスとウェブ会議システムを使ってワークショップの打ち合せを行いました。
ワークショップは西新宿の弊社ミーティングルームをメイン会場とし、
イギリスにいる講師とウェブ会議システムでつなげて行います。
遠方にお住まいの方は、このシステムをとおしてご自宅より参加いただきます。

イギリスも夏休みシーズンのようで講師のフランシスは不在でしたが、
脇を固める3人のスタッフと、1時間ほど話しました。

トピックは、「MBAとは何か?」「MBAは仕事や人生をどのように変えるか?」「MBAでは何を学ぶか?」
といったMBAの入門的内容と、「チーム・マネジメント」というトピックでMBAプログラムを
体験いただきます。
実際のMBAプログラム同様、なるべく参加型のワークショップにする予定です。

ワークショップはすべて英語で行われますが、日本語でのサポートも行いますので、
ちょっと英語に自信がない方も参加してみてはいかがでしょうか。

弊社スタッフからも、おもしろそう!申し込んでいいですか?
という問い合わせが来ていますが、このようなワークショップを無料で受けられるのはなかなか貴重です。
先着20名までなので、お早めにお申し込みください!

http://www.netlearning.co.jp/hojin/seminar/ad_71.asp

卒業生は毎年800-900人

The Timesに、Open University MBAプログラムの記事が掲載されました(2010年7月29日)。

それによると、毎年800-900人の学生がMBAプログラムを修了しており、
常時少なくとも4,000人の学生が600-799人のチュータのサポートを
得ながら75ヶ国以上の国で学習しているそうです。

Open University MBAプログラムが他のMBAプログラムと大きく異なる点の
ひとつとして、一人ひとりの講師の質に寄りかからないことがあげられます。

MBAプログラムをつくっている中心となるチームは、65人もで構成されています。
広い視野で綿密に作り上げられたプログラムだからこそ、どの国でも通用するMBAプログラム
となっています。

OUビジネススクール学長、英国首相のインド使節団の一員としてインドを訪問

オープン・ユニバーシティ 学長 Martin Bean氏が、
英国David Cameron首相のインド使節団の一員に選ばれ、インドを訪問しました。
首相の意図としてはかつての最大の植民地であるインドと新しい関係を構築したい
というのもがあるそうです。

インド使節団は過去最大の規模で、「科学と教育」分野からは、
オープン・ユニバーシティ学長のほか、
ケンブリッジ大学やインペリアル・カレッジ・ロンドンなどから
代表が参加しています。

関連記事は以下からご覧いただけます。

gurdian
http://www.guardian.co.uk/politics/wintour-and-watt/2010/jul/27/davidcameron-india

OUビジネススクール Newsページ
http://www8.open.ac.uk/business-school/news/archive/ous-vice-chancellor-join-prime-minister-india

オープン・ユニバーシティ MBAプログラムのホームページはこちらから

社長もオープン・ユニバーシティMBAの学生に!

なんと!弊社ネットラーニング社長も
オープン・ユニバーシティMBAに申請すると宣言しました!
超多忙かつ、3児の男の子の父で、子ども野球のコーチもやっているのに
(いつも外国人のように真っ黒です)、週12-15時間の学習、大丈夫かしら・・・と心配しつつ、
MBA受講日記を書いてください、と厚かましくもお願いしました。

弊社社長にジョインしてオープン・ユニバーシティMBAを受講ませんか?
(ちょっとルー大柴が入ってしまいました)

その人の実務をベースとする実践的カリキュラムとは!?

弊社の広報担当から、オープン・ユニバーシティMBAプログラム5大特長のひとつ、
その人の実務をベースとする実践的カリキュラム」って具体的にどういうこと?
と聞かれました。

端的なことばで表そうとするあまり、意味がきちんと通じない内容になっていなかったですね。
反省。

具体的に言うと、

1. それぞれのコースの中で課される課題は、自身の職場での問題、課題をそのまま使います。
よって、机上のディスカッションに終わりません。

2. 最後の必修コース「Making a difference」は、日本で言う、卒業課題のようなものですが、
”action-learning based project course”となっています。
自身の職場で学んだことを実践し、レポートにするといった内容です。
よって、学習しながら業務を改善したり、職場を変革したりすることが可能です。

なお、「Making a difference」は最終コースとなっていますが、
実際には、1年目からチュータと計画をはじめます。

以前、MBAプログラム説明会に参加いただいたお客様に、
せっかく勉強してもどのように実践したらいいのかわからないということが多いけれど、
オープン・ユニバーシティのプログラムは実践しながら学べるので
いいですね、とおっしゃっていただきました。

これは、企業のお客様にとっても大きな魅力です。
従業員を辞めさせることなく、能力アップ、業務改革を行うことができるからです。

実践力を身につけたい個人のお客様、
従業員にマネジメント力をつけさせたい、同時に職場に変革をもたらしたい法人の
お客様、ぜひ一度MBAプログラム説明会にご参加ください。

残席わずか!無料ワークショップ&説明会

『英国国立オープン・ユニバーシティ MBAプログラム無料ワークショップ&説明会』の残席がわずかとなっています。
英国国立オープン・ユニバーシティの講師によるワークショップ「チームマネジメント」を
無料で受けられる機会は貴重です!

MBAの受講をご検討中の方、
MBAに興味のある方、
お申し込みはお急ぎください。

◎日時:2010年 8月25日(水) 19:00~21:00 (開場 18:30)
◎場所:株式会社ネットラーニング 会議室
◎参加費:無料
◎講師:Francis Cattermole
(講師プロフィール)
      英国職業心理士、人材能力開発研究所フェロー。MBA、MScを持つ。
      英国国立オープン・ユニバーシティMBAプログラムのチュータを18年
      勤め、現在に至るまで Centre for Professional Learning and
      Developmentの講師として活躍。特に、チェンジ・マネジメント、
      創造力・革新力のトレーニング、マネジメント開発、エグゼクティブ・
      コーチングに従事。
◎当日スケジュール:
     18:30 -  受付開始
     19:00 -  MBAプログラム説明会
     20:00 -  体験ワークショップ  テーマ:「チームマネジメント」
            ※英語で行われますが、日本語によるサポートがあります。  

お申し込みはこちらから。

申請手続きから受講開始までの手順

申請手続きから受講開始までの手順」を更新しました。
申請には、以下の書類一式が必要です。

1.YOUR APPLICATION TO STUDY(所定のフォームを使用すること)
2.英語力を証明するもの コピー1部(IELTS, TOEFL, TOEICなど)
3.写真2枚(3ヶ月以内に撮影した上半身、無帽、無背景で縦3cm×横2.4cm。試験時の本人確認のために使用します。)
4.写真付き身分証明書 コピー1部(パスポート、運転免許証など)
5.推薦状2通(所定のフォームを使用すること)
6.エッセイ1通(所定のフォームを使用すること)

YOUR APPLICATION TO STUDYのフォームについては、
現在オープン・ユニバーシティで調整中です。
推薦状、エッセイフォームについては準備ができていますので、
申請を予定されている方はお問い合わせください。

お問い合わせ先はこちら

MBA無料体験ワークショップ講師のお人柄

昨日、イギリスにいるオープン・ユニバーシティの講師と
オンラインで打ち合わせを行いました。

「チームマネジメント」のスライドもすこし見せていただいたのですが、
とてもおもしろそうな内容でした。
一方的な内容にならないように、参加者を巻き込んだワークショップに
していくとのことだったので、参加される方はお楽しみに!

もう一人、オープン・ユニバーシティの上層部の方が自宅から参加する
予定だったのですがつながらないまま、打合せ終了時間まで来てしまいました。

心配して、「○○さんがぜんぜん参加できなかったけど大丈夫ですか?」
と聞いたところ、「接続できないようだから仕方がない、これで終わろう。
これもチームマネジメントのうちだよ。」と言って笑っていたのが印象的でした。

研修経験が豊かなだけではなく、ユーモアのある講師なので、
わたし自身、ワークショップが楽しみです。

英語でMBAを受ける自信がない、という方も、このワークショップで
どの程度の英語力が必要になってくるか、肌で感じていただけると思います。

残りわずかですが、お席の準備ができますので、
ぜひお申し込みください。

お申し込みはこちらから。

明日はワークショップ

明日は、MBA体験ワークショップ&プログラム説明会当日です。

このワークショップには、近郊の方には、西新宿の弊社オフィスに集まって
いただきますが、遠方の方、オンラインで参加したいという方には、
オンラインで参加していただけます。
数人の方がオンラインでの参加を希望しており、
また、講師もイギリスからオンラインでワークショップを行います。

私自身、オンラインでのワークショップを開催した経験はあるのですが、
今までは、講師はオフィスで講義し、その他すべての参加者はオンラインで自宅から参加、
という形だったので、今までと違う今回のワークショップ、
すこし緊張しています。

みなさん忙しい中、参加していただくので、「ためになった」「よかった」
と言っていただけるようなワークショップにしたいと思います。

なお、数名の空きがでましたので、当日まで参加を受付けます。
お申し込みはこちらまで↓
http://www.netlearning.co.jp/hojin/seminar/ad_71.asp




無事にワークショップが終了しました

無事にMBA体験ワークショップが終了しました。
当日は、遅い時間からのスタートにもかかわらず、
多くのお客様にご参加いただきました。
志の高い人が多くいらっしゃることは、うれしい驚きでした。

当日は、前半の1時間で、弊社社長から、なぜ今MBAが必要なのか、MBAを学ぶ基準、
オープン・ユニバーシティMBAの特長をお話させていただき、
後半の1時間で、MBA体験ワークショップを行いました。

今回のブログでは、前半のプログラム説明会からトピックをいくつかピックアップして
お伝えします。
次回のブログでは、後半のMBA体験ワークショップのようすをお伝えします。

【ピックアップ・トピック前半】
産業構造ビジョン2010(産業構造審議会産業競争力部会報告書)の報告書によると、
世界市場の伸びに伴い、日本のシェアが急速に縮小しているそうです。
DVDプレイヤー、液晶パネル、カーナビなどの世界市場のシェアの
グラフを見ると、発売当初のシェアはほぼ100%であるにもかかわらず、
ほんの数年で20%前後までに落ち込んでいることがわかります。
これは、商品力の問題というより、日本企業のビジネスモデルの問題であり、
グローバル競争に打ち勝つために、企業にとってグローバル人材、マネージャの育成は急務で
ある、という今MBAが求められる背景説明がありました。

オープン・ユニバーシティMBAの特長としては、以下の3点が挙げられました。
Nearest Learning
→遠隔教育だが、数十人、数百人規模の講堂で講義をするような通学の大学と比較すると、
オープン・ユニバーシティMBAは実は、チュータとの距離がとても近い。
オープン・ユニバーシティMBAでは、16人の学生に対しにチュータが1人という割合なので、
密度の高いサポートが受けられる。
Practice-based-learning
→せっかくMBAをとっても机上の空論で終わってしまう場合が多いが、オープン・ユニバーシティの
MBAは、実務をベースとする実践的カリキュラムになっているため、実践力を養うことができる。
Truly global MBA
→オープン・ユニバーシティのMBAは、どの国でも学べるようにプログラムされており、
実際、世界75ヶ国で学ばれている。オンライン掲示板や短期スクーリングでは他国の人に
まじってディスカッションを行うので、グローバルな人脈、実践力を築くことができる。

もっとオープン・ユニバーシティMBAを知りたい、という方は、
毎月開催される説明会にご参加ください。
 >お申し込みはこちら 
遠方のお客様からも多くお問い合わせをいただいておりますが、
ウェブ会議ツールを使って資料をお見せしながら詳しくご説明することも
可能ですので、ご相談ください。
 >お問い合わせはこちら

Index of all entries

Home > 2010年08月

About

プロフィール画像

Author: OU MBA事務局

英国国立オープン・ユニバーシティ日本事務局

オープン・ユニバーシティのMBAは、3つの国際認定を持ち、学びながら組織・業務を変革する最高品質で、実践的なプログラム(遠隔制)。
本プログラムの最新情報やセミナーレポートをお届けします。最新情報やセミナーレポートをお届けします。

Links
Feeds

Return to page top