Home > 2010年08月12日

2010年08月12日 Archive

社長もオープン・ユニバーシティMBAの学生に!

なんと!弊社ネットラーニング社長も
オープン・ユニバーシティMBAに申請すると宣言しました!
超多忙かつ、3児の男の子の父で、子ども野球のコーチもやっているのに
(いつも外国人のように真っ黒です)、週12-15時間の学習、大丈夫かしら・・・と心配しつつ、
MBA受講日記を書いてください、と厚かましくもお願いしました。

弊社社長にジョインしてオープン・ユニバーシティMBAを受講ませんか?
(ちょっとルー大柴が入ってしまいました)

その人の実務をベースとする実践的カリキュラムとは!?

弊社の広報担当から、オープン・ユニバーシティMBAプログラム5大特長のひとつ、
その人の実務をベースとする実践的カリキュラム」って具体的にどういうこと?
と聞かれました。

端的なことばで表そうとするあまり、意味がきちんと通じない内容になっていなかったですね。
反省。

具体的に言うと、

1. それぞれのコースの中で課される課題は、自身の職場での問題、課題をそのまま使います。
よって、机上のディスカッションに終わりません。

2. 最後の必修コース「Making a difference」は、日本で言う、卒業課題のようなものですが、
”action-learning based project course”となっています。
自身の職場で学んだことを実践し、レポートにするといった内容です。
よって、学習しながら業務を改善したり、職場を変革したりすることが可能です。

なお、「Making a difference」は最終コースとなっていますが、
実際には、1年目からチュータと計画をはじめます。

以前、MBAプログラム説明会に参加いただいたお客様に、
せっかく勉強してもどのように実践したらいいのかわからないということが多いけれど、
オープン・ユニバーシティのプログラムは実践しながら学べるので
いいですね、とおっしゃっていただきました。

これは、企業のお客様にとっても大きな魅力です。
従業員を辞めさせることなく、能力アップ、業務改革を行うことができるからです。

実践力を身につけたい個人のお客様、
従業員にマネジメント力をつけさせたい、同時に職場に変革をもたらしたい法人の
お客様、ぜひ一度MBAプログラム説明会にご参加ください。

Index of all entries

Home > 2010年08月12日

About

プロフィール画像

Author: OU MBA事務局

英国国立オープン・ユニバーシティ日本事務局

オープン・ユニバーシティのMBAは、3つの国際認定を持ち、学びながら組織・業務を変革する最高品質で、実践的なプログラム(遠隔制)。
本プログラムの最新情報やセミナーレポートをお届けします。最新情報やセミナーレポートをお届けします。

Links
Feeds

Return to page top