Home > 2010年08月27日

2010年08月27日 Archive

無事にワークショップが終了しました

無事にMBA体験ワークショップが終了しました。
当日は、遅い時間からのスタートにもかかわらず、
多くのお客様にご参加いただきました。
志の高い人が多くいらっしゃることは、うれしい驚きでした。

当日は、前半の1時間で、弊社社長から、なぜ今MBAが必要なのか、MBAを学ぶ基準、
オープン・ユニバーシティMBAの特長をお話させていただき、
後半の1時間で、MBA体験ワークショップを行いました。

今回のブログでは、前半のプログラム説明会からトピックをいくつかピックアップして
お伝えします。
次回のブログでは、後半のMBA体験ワークショップのようすをお伝えします。

【ピックアップ・トピック前半】
産業構造ビジョン2010(産業構造審議会産業競争力部会報告書)の報告書によると、
世界市場の伸びに伴い、日本のシェアが急速に縮小しているそうです。
DVDプレイヤー、液晶パネル、カーナビなどの世界市場のシェアの
グラフを見ると、発売当初のシェアはほぼ100%であるにもかかわらず、
ほんの数年で20%前後までに落ち込んでいることがわかります。
これは、商品力の問題というより、日本企業のビジネスモデルの問題であり、
グローバル競争に打ち勝つために、企業にとってグローバル人材、マネージャの育成は急務で
ある、という今MBAが求められる背景説明がありました。

オープン・ユニバーシティMBAの特長としては、以下の3点が挙げられました。
Nearest Learning
→遠隔教育だが、数十人、数百人規模の講堂で講義をするような通学の大学と比較すると、
オープン・ユニバーシティMBAは実は、チュータとの距離がとても近い。
オープン・ユニバーシティMBAでは、16人の学生に対しにチュータが1人という割合なので、
密度の高いサポートが受けられる。
Practice-based-learning
→せっかくMBAをとっても机上の空論で終わってしまう場合が多いが、オープン・ユニバーシティの
MBAは、実務をベースとする実践的カリキュラムになっているため、実践力を養うことができる。
Truly global MBA
→オープン・ユニバーシティのMBAは、どの国でも学べるようにプログラムされており、
実際、世界75ヶ国で学ばれている。オンライン掲示板や短期スクーリングでは他国の人に
まじってディスカッションを行うので、グローバルな人脈、実践力を築くことができる。

もっとオープン・ユニバーシティMBAを知りたい、という方は、
毎月開催される説明会にご参加ください。
 >お申し込みはこちら 
遠方のお客様からも多くお問い合わせをいただいておりますが、
ウェブ会議ツールを使って資料をお見せしながら詳しくご説明することも
可能ですので、ご相談ください。
 >お問い合わせはこちら

Index of all entries

Home > 2010年08月27日

About

プロフィール画像

Author: OU MBA事務局

英国国立オープン・ユニバーシティ日本事務局

オープン・ユニバーシティのMBAは、3つの国際認定を持ち、学びながら組織・業務を変革する最高品質で、実践的なプログラム(遠隔制)。
本プログラムの最新情報やセミナーレポートをお届けします。最新情報やセミナーレポートをお届けします。

Links
Feeds

Return to page top