Home > 2011年06月

2011年06月 Archive

ビジネス向け第一印象を決める英語による自己紹介 ワークショップ・レポート

先週の土曜日、遠方にお住まいの方向けに、
オープン・ユニバーシティの語学プログラム
「グローバル・コミュニケーション・スキル」を
知っていただくためのオンライン・ワークショップを開催しました。

土曜日の朝9:30スタートという時間設定で、
午前中はすこし勉強、午後はご自分の時間、というように
土曜日を有意義に過ごしていただけたのではないでしょうか。

オンライン学習の強みの一つにどこからでもアクセスできる
ことがあげられるかと思いますが、今回のワークショップでは
アメリカから参加の方もいらっしゃり、再度、オンライン学習の
強みを感じました。

みなさん既に英語を業務で使われている、という方ばかりで
英語での自己紹介も、そのあとの参加者様同士の英語での
質問、返答もばっちりでした。

私自身、さまざまなお仕事を垣間見ることができ、
とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

eラーニングコース「グローバル・コミュニケーション・スキル」
は、実際のビジネスに直結する高度な英語を学べることに
最大の特長があります。
自己紹介アクティビティはウォーミングアップで、
今後コースの中で他の受講者との共同作業などを行う前に
ネットワークを作ることも目的としています。

みなさん、ネットワーク作りの楽しさも、すこし感じて
いただけたのではないでしょうか。

今後もオンライン・ワークショップ、セミナーを
開催していきますので、ご興味のある方は、
お問合せください。開催予定を随時メールでお知らせいたします。

初の課題提出完了!

私は現在、オープン・ユニバーシティのビジネス英語コース
「English communication skills for global managers」
を受講しています。
弊社では、このコースを「グローバル・コミュニケーション・スキル」
というタイトルで日本でビジネス英語を本気で学びたい人向け
販売します。

「English communication skills for global managers」
の受講は、4月30日からスタートし、今日が第1回目の課題提出日です。
土日はこの課題に必死になって取り組み、なんとか提出することが
できました!!チュータからのフィードバックが楽しみであり、
怖くもあります。。

課題は、ライティング1,000字とスピーキング5分(録音したものの提出)。
与えられたテキストについてSTEP分析(マーケティング手法の一つで、
外部環境をSocial, Technical, Environmental, Politicalの4つの視点から
分析すること。日本ではPEST分析として知られています。)
を行うというものです。

英語で1,000字書くのはけっこう大変です。
その上、スピーキングもミーティングでのプレゼンテーションと想定して
行わなければいけないので、スピーキング用に別に文章を用意しなければ
なりません。読み手に伝わるように構成を考えて文章を
書くという作業は、クリティカルにものを考えるいいトレーニングになります。

スピーキングのタスクも、いざ録音してみると隣で時間をはかってくれている夫に、
急ぎ過ぎてて何を言いたいのかわからない、などと言われ、
何度か録音しなおし、これもいい練習になりました。

このとおり、このコースは、語学学校に通うのとは
異なり、ただ通っておしゃべりをすればいいのとは
違います。自主性とやる気がとても必要になってきます。
ですから、ビジネス英語を本気で学びたい人向け
なのです。

本気でビジネス英語を身に付けたい人はぜひお問合せください!

お問合せはこちら

3分で学ぶ ネイティブしか知らないビジネス英語イディオムブック

同僚のジャンが、ビジネス英語イディオムブックを
動画で配信しています。

それぞれは、1分程度の動画なので、ランチタイムや
ちょっとした空き時間に英語の勉強ができます。

1回につき、1つのイディオムの配信なので
覚えやすく、ショートドラマ仕立てになっていて
ジョークを交えているので楽しく学べます。

これまでに配信されたイディオムは、
「Have the floor」「Carry a motion」「In the doldrums」
です。
みなさん、意味わかりますか?

わからなかった方はこちら→
【facebook】http://www.facebook.com/home.php#!/Idioms4Business
【blit.TV】www.blip.tv/idioms4business

無料でご覧いただけますので、ぜひ英語の勉強に使ってみては
いかがでしょうか。

MBAを取得しながら、英語のブラッシュアップもしたい方はこちら→
/http://www.openuniversity.jp/

激変する時代の人材育成/組織戦略ソリューション NLグループセミナー

eラーニング業界最大手のネットラーニングが、
企業様向けにグループセミナーを開催いたします。

KDDI様によるゲスト講演:
「クラウド時代の進化するeラーニング・プラットフォームの活用事例」
や、

樋口 恵子氏(高齢社会をよくする女性の会 理事長)
による「待ったなしの大介護時代到来
今、企業に求められる仕事と介護の両立支援」

などなど、私自身も聞いてみたいテーマが
多数取り上げられています。

弊社からも、「グローバル人材育成」について、
プレゼンテーションを行います。

きっと何かしらご参考になるテーマがあるのではないかと
思います。
人事・組織ご担当者様、ぜひご来場ください。

皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

▼プログラム詳細・お申込はこちら
http://www.netlearning.bz/2011/index.asp

■開催日: 2011年7月13日(水)
          第1部:13:00~15:15(開場12:30)
          第2部:15:30~17:30(開場15:15)
            ※第1部と第2部は入替制になります。

■会 場: AP西新宿会議室 5階(JR新宿駅から徒歩5分)
       >>> http://www.ap-nishishinjuku.com/info/access.html

ご好評受付中!企業における次世代型人材育成戦略の考察と展望セミナー

企業人材育成責任者様にセミナーのご案内です。

弊社では今月下旬、企業における次世代型人材育成戦略の考察と展望セミナー
開催いたします。

リーマンショックを境に、日本の産業界では「失われた20年」という言葉が声高に
叫ばれています。
しかし、各企業の経営状態を概観すると、成長力を失っている企業がある一方で、
持続的に成長を果たしている企業も見受けられます。
その違いは、両者の時価総額の違いとなって如実に現れています。
その格差を生みだした要因は、個の育成と組織の育成、つまり成長企業の現場を
強力に牽引するミドルのリーダーシップ育成と人事部門の抜本的な人材育成改革でした。

本セミナーでは、ミドルのリーダーシップ育成をアクションラーニングで展開し
成果を挙げた事例と、ネットラーニンググループのネットを活用した
インタラクティブな組織学習基盤(Web会議)を実際の商品デモを交えてご紹介します。

(概要)
◆開催日時:2011年6月22日(水) 13:30-16:00(13:00受付)
◆参加費:無料
◆定員:20名 (1社あたり2名様まで)
◆場所:株式会社パーソネル総研(新宿)
◆講 師:名倉 広明氏
        株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部
        経営革新コンサルティング部 上級コンサルタント

     岡田 祥成
        株式会社パーソネル総研 
        戦略コンサルティング部 プロデューサー 

>>プログラム詳細・お申込はこちらから
http://www.personnel-c.co.jp/information/news_110609_01.html

(※ご好評につき、お申込みが続いております。 会場都合上、定員に達すると締切りとなります。)

皆様のお越しを、スタッフ一同お待ちしております。

なかなかよいフィードバックをもらいました

先日ブログでご紹介した、私自身が受講しているオープン・ユニバーシティ
のビジネス英語コース
「English communication skills for global managers」。

第1回目の課題のフィードバックがチュータより返ってきました。
苦労したかいがあってか、なかなかよいスコアをもらい、
すこしほっとしています。

STEP分析*を使って適切にケーススタディができている、
と総じてプラスのコメントをもらいましたが、そのほかにも
文章構造の間違いと、単語の選択が不適切な箇所が数点あったこと、
文章内で、引用文を明確にするように、との指摘がありました。
(*マーケティング手法の一つで、外部環境をSocial, Technical,
Environmental, Politicalの4つの視点から分析すること。
日本ではPEST分析として知られています。)


スピーキングについてのフィードバックは、
台本を読んでいることがわかるので、なるべく台本を見ずに
話す練習をするように、とのこと。
確かにこれができるようにならないと、グローバルな舞台でプレゼンが
できるようにはならないですね。。

現在第2回の課題に取り組んでいます。
今回はなんと、合わせて2,000字のレポートの提出とスピーキング課題。
大変チャレンジングです。

今回の課題は、スーパーマーケットを運営する企業に勤めていると仮定し、
トルコのマーケットに進出すべきかどうか、STEP分析を使って、上司に提言する、というもの。
トルコの小売業についてもすこしばかり知ることができ、とても興味深い
内容になっています。前回の課題は書くのに苦労したのですが、今回は課題に取り組むのが
少し楽しみです。

グローバル・リーダーを目指す方や、グローバル・リーダーを育てたい人材育成ご担当者様は、
ぜひお問合せください。


2,000語レポート提出完了!

昨日会社のバスケットボールサークルの練習に参加して、
筋肉痛のブログ管理人です。
バスケットボールサークルのメンバーも気づけば半数近くが外国人。
日本もグローバル化してきたなと実感しました。

それはさておき、「English communication skills for global managers」
(私が受講している、グローバル・マネジャーを目指す人、もしくは
現在グローバル・マネジャーでさらにコミュニケーション力を高めたい人用の
オープン・ユニバーシティの語学コースです)の2つめの課題の提出が終わりました。

今回は、アメリカの大規模小売業者のマーケティング担当者として、
トルコの市場に進出すべきかどうかをマクロの外部環境分析ツールを
使って分析する、という課題でした。
トルコの市場などはなかなか知ることができないので、
とても興味深く、前回より500語多い1500語でも、比較的
苦なく書き上げることができました。

このレポートをプレゼンする形で、音声の録音も行いました。
自分の録音したものを聞くと、ちょっとした強弱や間の取り方で
聞きやすさや説得力がまったく異なり勉強になります。
英語を勉強されている方は、試しにご自分のスピーチを
録音してみてはいかがでしょうか。

その他、500語で、ここまで学んできた分析ツールの要約、
どのようなコミュニケーションスタイルを学んだかなどを
まとめました。
自分自身がこの1ヶ月くらいで学んできたことを総まとめできる
とてもいい機会となりました。

コースはここで折り返し地点、みなさんに修了報告が
できるようにがんばります!

グローバル・リーダーを目指す方や、グローバル・リーダーを育てたい
人材育成ご担当者様は、ぜひご相談ください。

今週のイディオム

1. Foaming at the mouth

2. Make money hand over fist

3. Table a discussion

これらはビジネス英語のイディオムです。

意味がわかりますか?

私はどれも知らないイディオムばかりで、意味も想像できませんでした。

2番はなんとなく単語から意味が割り出せそうですね。

正解は、「Jean's English Business Idioms' Book (ジャンのビジネス英語イディオムブック)」
でご確認下さい。
弊社社員の迫真の演技にも注目です!

【facebook】http://www.facebook.com/home.php#!/Idioms4Business
【iTunes】「ビジネス英語/イディオム」 で検索!

Index of all entries

Home > 2011年06月

About

プロフィール画像

Author: OU MBA事務局

英国国立オープン・ユニバーシティ日本事務局

オープン・ユニバーシティのMBAは、3つの国際認定を持ち、学びながら組織・業務を変革する最高品質で、実践的なプログラム(遠隔制)。
本プログラムの最新情報やセミナーレポートをお届けします。最新情報やセミナーレポートをお届けします。

Links
Feeds

Return to page top