Home > 事務局 News > 書くことは考えること

書くことは考えること

現在、『グローバル・コミュニケーション・スキル Step1』の
課題提出期間で、受講生のみなさんにがんばって取り組んでいただいています。

課題は、中国の監視カメラのマーケットをテキストを元に外部環境分析し、
マーケットに参入すべきかどうかをCEOにレポートする、
というものです。

私自身このコースを受講したのですが、改めて、「書く」ということは
「より深く考える力」を伸ばすものだと感じています。

もちろん、“読み手を納得させる”という目的なく、
ダラダラ書いてしまっては考える力は身につきませんが。

私が「書く」ことは「考える」ことだと気づいたのは、
遅ればせながらオーストラリアの大学院で論文を書いた際です。
担当教授には、パラグラフのつながりだけでなく、
本当に一文一文、文章がクリティカルにつながっているか、
何度も指摘され、何度も直しました。

最後に読み返した際に、すべてがクリティカルにつながっていることに
とても満足したことを覚えています。

大学でもう一つ教わったのは、
「まったく新しいアイディアなど存在しない」という考え方です。
レポートを書く際には、自分の個人的な意見を述べてはならず、
必ずエビデンスやレファレンスに基づいた論理を展開しますが、
その作業は過去の様々な優れたデータ、アイディアを
今の状況に合わせて発展・応用させる、という力を育ててくれたと思っています。

「論理的に書く」というのはとてもチャレンジングですが、
それだけ得るものが多いと実感しています。

『グローバル・コミュニケーション・スキル』では
論理的に書く練習も行います。英語のスキル、というだけではなく
クリティカル思考を育てる機会となります。ご興味のある方は、お問合せください。

お問合せはこちら↓
https://www.netlearning.co.jp/contact/ou/index.asp

パーソネル総研
グローバル人材育成事業部
佐藤歩美

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://oumba.blog92.fc2.com/tb.php/111-187cdf2e
Listed below are links to weblogs that reference
書くことは考えること from 英国国立オープン・ユニバーシティ MBA 日本事務局スタッフブログ

Home > 事務局 News > 書くことは考えること

About

プロフィール画像

Author: OU MBA事務局

英国国立オープン・ユニバーシティ日本事務局

オープン・ユニバーシティのMBAは、3つの国際認定を持ち、学びながら組織・業務を変革する最高品質で、実践的なプログラム(遠隔制)。
本プログラムの最新情報やセミナーレポートをお届けします。最新情報やセミナーレポートをお届けします。

Links
Feeds

Return to page top