Home > 事務局 News > 受講生の短期集中スクーリング(ベルギー)の感想

受講生の短期集中スクーリング(ベルギー)の感想

弊社の社長吉田は、英国国立オープン・ユニバーシティのMBAの1年生です。
今回、5日間の短期集中スクーリングに参加するため、ヨーロッパに
行ってきました。

以下はブログの転記です。
とても充実した5日間だったようです。
ぜひご一読ください。

===================================
ネットとリアルの融合 ~ 5日間のスクーリングを終えて

脳みそがパンクしそうな5日間がようやく終わった。いや、今の感覚は、終わってしまった、という寂寥感の方がやや強いかもしれない。前職の時のように、英語にどっぷりと浸かって、自分の中に英語で考え英語で会話するもう一人の自分が出てきはじめたところでの集中講義(スクーリング)終了だった。

フルタイムのMBAであればもちろん5日間で終わらず、さらなる鍛錬を続けられる(続けさせられる?)ところだろう。しかし、今私が受講しているオープンユニバーシティのMBAは、もっと実践的な鍛錬を受講生に求めている。もっといえば、実践そのものを求めているといった方が正確かもしれない。

この5日間で最も重点がおかれていたのは、体系化されたマネジメントに関する各種の理論を、どうやって実践に適用するか、ただその一点にあった。

つまり、オープンユニバーシティにとっては、道具は渡してある、この5日間でそれらの道具の使い方を教えた、あとは現場で使ってみなさい、というわけなのである。

この5日間に至るまでの9ヶ月あまりの在宅学習の存在も非常に重要で、この理論や考え方をインプットする期間がなければ、スクーリングの内容が、表面的で薄っぺらいものになっていたと思う。

さらにいえば、オンライン上でやりとりしていたクラスメイトと実際にあって話をする、討議する、食事やビールを楽しむ、という経験も非常に貴重な経験であった。今また各国に散りじりとなったクラスメイトと、オンラインでタスクをこなし、共有し、また一年後のスクーリングで出会うことも、次の修練を乗り越えるための重要なモチベーションになることと思う。

さらに理論を蓄積し、あとは実践あるのみである。

with fellow students

group discussion

dinner

the Netherlands

===================================

英国国立オープン・ユニバーシティMBAは遠隔教育を主としていますが、
実践力を確認し、世界各国のビジネスパーソンとネットワークを作る場として、
短期集中スクーリングを設けています。

毎月説明会を開催しておりますので、
ご興味ございましたらご予約ください。

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://oumba.blog92.fc2.com/tb.php/97-428b31c5
Listed below are links to weblogs that reference
受講生の短期集中スクーリング(ベルギー)の感想 from 英国国立オープン・ユニバーシティ MBA 日本事務局スタッフブログ

Home > 事務局 News > 受講生の短期集中スクーリング(ベルギー)の感想

About

プロフィール画像

Author: OU MBA事務局

英国国立オープン・ユニバーシティ日本事務局

オープン・ユニバーシティのMBAは、3つの国際認定を持ち、学びながら組織・業務を変革する最高品質で、実践的なプログラム(遠隔制)。
本プログラムの最新情報やセミナーレポートをお届けします。最新情報やセミナーレポートをお届けします。

Links
Feeds

Return to page top